プロミスの充実サービスで急ぎのキャッシングも安心!

キャッシング利用者の中には、

 

  • 今日中にお金が必要!
  • 夜遅い時間帯でもキャッシングしたい
  • 休日でも融資を受けたい

 

といった要望を求めている人も多いでしょう。そんな時に重宝するのがプロミスなんです。

 

プロミスってどんな会社?チェックしておきたいポイント3つをチェック!

 

即日融資も柔軟に対応しているプロミス。

 

まずは、その基本スペックをチェックするために、次のポイント3つを確認していきましょう。

 

プロミスのおすすめポイント!
  • WEB申込で即日融資も簡単
  • 低金利でキャッシング負担を軽減
  • 30日間の無利息サービス!

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

 

このようにプロミスが多くの人に選ばれている理由は、即日融資はもちろん!はじめての人でも利用しやすいサービスが充実しています。

 

その魅力について、詳しく説明していきましょう。

 

WEB申込で即日融資も簡単

WEB申込で即日融資

 

プロミス最大の魅力は、最短30分審査のWEB申込!

 

このWEB申込は、即日融資を受けるときに1番適している方法になります。

 

まずプロミスのWEB申込には、

 

  • カンタン入力…17項目
  • フル入力…35項目

 

といった2種類を選択できます。

 

この2つにはどういった違いがあるのか?もう少し詳しく説明していきましょう。

 

カンタン入力

 

カンタン入力はWEB申込の入力項目が、たったの17項目のみ!

 

スマホやPCでの入力が苦手…という人はこちらの申込み方法を選択するのがおすすめです。

 

フル入力最大のポイントは、在籍確認の相談をできること。

 

基本的にキャッシングの審査では、在籍確認の電話連絡が入ります。プロミスのカンタン入力では、この在籍確認で次のような相談が可能に。

 

  • 在籍確認の希望時間
  • 在籍確認前に申込者へ1本連絡
  • 在籍確認を書類対応に変更

 

周囲にキャッシング利用をバレたくない場合、担当者にtr時間帯指定や書類対応への変更など、相談も可能になります。

 

カンタン入力で即日融資を成功させるポイント!

 

WEB申込のカンタン入力で唯一ネックな点は、電話連絡を挟ため、その待ち時間が発生してしまうこと。

 

混雑時には1時間以上かかってしまう可能性もあります。

 

そこでカンタン入力で少しでも手続きを早めるためには、希望時間帯の入力フォームで

 

なるべく早く(9:00〜21:00)

 

という項目があるため、こちらを選択しましょう。

 

プロミス側の連絡に対して希望時間を選択できるので、「なるべく早く」を選択すると、優先的に審査を進めてくれます。

 

フル入力

 

フル入力は、WEB申込フォームで35項目の情報入力を行って、申込み手続きを行います。

 

一見カンタン入力と比較してみると、「入力項目が多くてめんどくさい…」と感じる人も多いですよね?

 

しかしフル入力は、カンタン入力よりスピーディな手続き!

 

その特徴を簡単に確認みていきましょう。

 

  • WEB完結型
  • 電話の在籍確認なし!
  • カード発行ナシ

 

キャッシング利用をする人の多くは、「周囲にお金を借りていることがバレたくない…」と感じているケースも多いです。

 

そこでWEB完結型のフル入力は、電話での在籍確認やカード発行なし!基本的に振込キャッシングなので、バレるリスクがある物が残らないのが最大のメリットですね。

 

さらにフル入力はWEB完結で電話連絡もないので、審査から申込までの最短1時間程度で可能にすることも!

 

フル入力で即日融資を成功させるのは時間が重要!

 

説明の通り、フル入力の申込み方法は、基本的に振込キャッシングになります。

 

ことのときに振込対応時間に注目!

 

銀行の振込対応時間は平日の14:00まで。この時間帯までに申し込みまで済ませておく必要があります。

 

そうなると対応時間が短すぎてちょっと困る…と感じる人も多いですよね。

 

実はプロミスの瞬フリを使用することで、この問題も解決できてしまうんです。「瞬フリ」の詳しい説明は、後述で詳しく紹介していきます。

 

プロミスのWEB完結で即日キャッシング

 

低金利でキャッシング負担を軽減

 

プロミスが多く利用者に選ばれているもう一つの理由は、その金利です。プロミスでは他社カードローン会社に比べて、0.2%金利差があります。

 

実際に、人気カードローン会社と金利を比較してみましょう。

 

プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18%
SMBCモビット 3.0%〜18%
アイフル 3.0%〜18%

 

下限金利は他カード会社に比べて高くなりますが、消費者金融系カードローンの中でも低金利を誇る利率になります。

 

まず初回キャッシング時は、多くのカードローン会社で上限金利を設定しています。これまでの利用履歴がなく、まだ信頼を得ていないため、初回は上限金利での融資を行うことが多いのです。

 

そのためカードローン会社選びで注目するべきは、上限金利の低さ。

 

すると大手消費者金融系カードローンの中では、プロミスがダントツで低金利ですね。

 

0.2%の差でも返済負担に大きく響く!

 

中には、「たった0.2%じゃない?」と感じる人も多くいるでしょう。しかしこの0.2%の差でも、チリも積もれば山となります。

 

実際に30万円を12ヵ月で返済するとした場合、その負担額を比較してみましょう。

 

金利 毎月の返済額 返済総額
17.8% 27,361円

328,332円
金利+利息=28,332円

18.0% 27,503円

330,036円
金利+利息=30,336円

 

こうして比較してみると、0.2%の差で2,004円分の差額が出ます。

 

なるべく返済額の負担を減らすためには、少しでも上限金利を減らすことが重要なポイントになってくるのです。

 

また借入期間が長くなれば、その分利息も付いてくるので、低金利に越したことはないでしょう。

 

30日間の無利息サービス!

 

他ローンに比べて低金利と言えるプロミスでは、初回限定サービスとして無利息期間30日を導入!

 

30日以内に返済をすれば、1日毎に発生する利息も0円になります。

 

最初の一か月は金利発生がないので、返済負担も軽減されて、より利用しやすいキャッシングと言えるでしょう。

 

借入した日から適用!

無利息サービスは、その他大手カードローン会社でも導入しているサービス。

 

しかし他社とプロミスを比較したときに、唯一違う大きな点があります。それは

 

借入日から無利息スタート

 

すること。

 

多くの無利息サービスを導入するカードローン会社では、契約したその日から無利息サービスがスタートします。

 

そのため契約当日にキャッシングしないでいると、無利息期間は消化されていってしまうんです。

 

しかしプロミスの無利息期間30日は、借入開始した翌日からスタートするので、自分のタイミングで借入することもできます。

 

契約をしてからも猶予をもってキャッシングできるので安心ですね。

 

期間中の追加利用もOK!

 

またプロミスの無利息期間は、期間内での追加借入も利息0円!

 

30日後に完済できる予定があれば、追加で利用しても無利息サービスが適用されるので安心ですね。

 

また期間内に完済後、30日以内に再度借入する場合にも適応可能。

 

無利息期間内に完済できる予定があれば、突然お金が必要になったときにも、負担を減らしながらキャッシングできます。

 

プロミスなら平日14時以降/土日も即日融資可能?

 

即日融資を受けるためには、基本的にWebを経由して14時ごろまでに申込手続きを済ませなくてはなりません。

 

なぜなら銀行口座への振り込みを介して融資を受けることになるため、銀行の営業時間外に振り込みされた場合は翌営業日にしかそのお金を受け取ることができないからです。

 

ということは銀行での振り込みという方法を避ければ、即日お金の受け取りができるということになります。

 

そのため平日の14時以降や土日などに急にお金が必要になったというときは、自動契約機を利用することをおすすめします。

 

土日に即日融資を成功させる手順
  • WEB申込み(カンタン入力)
  • 仮審査
  • 本審査(在籍確認)
  • 申込み完了
  • カード発行
  • 提携ATMで借入
  • 利用開始

 

 

自動契約機を利用すれば、その場でローンカードを受け取ることができますので、それを使えばすぐに提携ATMなどで借入することができるのです。

 

ちなみに自動契約機を使う場合であっても、パソコンやスマートフォンを使ってあらかじめ申込を済ませ、審査を進めておくことができます。

 

そうすればローンカードを自動契約機で受け取るまでの時間短縮ができるため、こちらの方法がおすすめです。

 

もし完全に初めから自動契約機で申し込みを行うことになると、その場で審査結果が出るまで待機しなければいけませんし、万一審査が通らなかった場合には無駄な時間を過ごすことになってしまいます。

 

土日の即日融資でも時間に注目しよう!

 

自動契約機を経由すれば土日・祝日も対応可能ですが、その時間にも注目することが大切。

 

提携ATMは24時間対応可能ですが、ここで注目したいのは、

 

自動契約機の時間と審査受付時間

 

この時間を過ぎてしまうと、融資が翌日対応になってしまいます。

 

実際にその時間をチェックしておきましょう。

 

契約機 審査受付
9:00〜22:00 9:00〜21:00

 

このように契約機の営業時間は22時までになりますが、審査受付時間は21時までと1時間早く締め切られます。

 

余裕をもって申込みを済ませるために、20時までには審査申込みをしておくと安心ですね。

 

また土日や休日の審査は混み合うケースもあるため、この部分も考慮しながら、早めに行動しておくと確実といえるでしょう。

 

プロミスだけのサービス、「瞬フリ」とは?

 

前述でも簡単に触れたように、プロミスでは独実サービスとして「瞬フリ」サービスを導入!

 

この瞬フリは、振込キャッシング形式でありながら、その融資対応時間が長いことが特徴!またそのスピード力も業界最速です。

 

実際に、どんなサービスなのか?詳しくみていきましょう!

 

24時間、即時入金

瞬フリのポイントは、なんといっても24時間いつでも振り込みによる即時融資を受けられるという点です。

 

しかもそのスピードは「最短でも10秒」とプロミスの公式サイトでも宣伝されています。

 

ただし、瞬フリを利用するためには、三井住友銀行かジャパンネットバンクの預金口座を持っている必要があります

 

土日・祝日の融資にも対応!

 

24時間、つまり銀行の営業時間外でも振り込みでの融資を受けられるため、土日祝日でもしっかりと即融資を受けることができます。

 

しかもインターネットでプロミスの会員メニューから瞬フリに登録するだけで、すぐに瞬フリを利用することができるようになります。

 

ただし振込先の口座を登録できるのは22時までとなっています。

 

口座の登録さえ完了していれば、深夜に融資を受けることはできますが、初めて利用する際には気を付けておきましょう。

 

サービス停止時間には気を付けましょう

そんな便利な瞬フリですが、実際には年中無休の365日いつでも利用できる、と過信しすぎてはいけません。

 

サービスの停止時間があるため、その時間は瞬フリであってもすぐに現金を手にすることはできないのです。

 

しかしサービス停止時間は日曜日の夜〜月曜日の早朝までと決まっていますので、あとは元日以外は基本的に利用できると考えてもよいでしょう。

プロミスの審査は厳しい?5つのポイントをしっかり押さえれば安心

 

プロミスに申し込む際に、「大手だし、審査が厳しいのではないだろうか…」と心配する方は珍しくありません。

 

しかし実際のところは、必要以上に恐れることは何もありません。

 

正直に自分の現状を全て申告し、それが返済能力として十分なものかどうか?判断されます。所要時間も30分程度なので、落ち着いて待っていればすぐに終わるでしょう。

 

そんな審査の不安を取り除くために!押さえておきたい5つのポイントをチェックしていきましょう。

 

希望借入額は年収の1/3まで

消費者金融は、貸金業法という法律に基づいて運営されています。

 

そして、数年前にその貸金業法が改正されたことにより、総量規制という制限が課されるようになりました。

 

これは、いきすぎた借入・貸付を規制することで、借主の返済不可による貸主の損害を防ぐという、いわば借主・貸主の両方を保護して円滑な金融が行われることを目的に定められたものです。

 

その内容としては、年収の1/3を超える額の融資を禁止する、ということです。

 

つまりプロミスに申し込みをする際は、年収が1/3を超える額で申し込んでしまった時点で審査を通過することはできません。

 

年収は正確な額を書類で証明することになりますし、きっちりと年収の1/3以下の額での借入申込であることを確認するようにしましょう。

 

対面申し込みが苦手ならWeb申込で!

消費者金融に申込をするにあたって、「借金をする」ということを意識してしまって緊張する、という方もいらっしゃいます。

 

そんな場合はWeb申込であれば簡単に申込することができます。

 

また対面で何かミスをするかもしれない、というような心配はなくなるでしょう。

 

プロミスでは、パソコンやスマートフォンを利用して公式ホームページからすぐに申込ができるようになっていますので、積極的に利用してみてください。

 

他社の借入はできるだけ減らすこと

プロミスに申込する時点で他社からの借り入れがあると、審査を通過しづらくなってしまいます。

 

これは経済的に余裕がないのだと見られてしまうためで、そうなると返済能力に難アリと判断されてしまうのです。

 

特に、他社の借り入れが3件以上ある場合には、借金を返すために借金をするタイプの人間だと見られてしまい、どのような金融機関でも審査に通過できない、いわゆる「申込ブラック」という状態として個人情報に記録されてしまいます。

 

プロミスを利用したい場合には、できる限り他社の借入を完済してしまうことが望ましいでしょう。

 

安定した収入があれば、主婦や学生でも申込OK

プロミスを利用するためには、借入したお金を返済できるだけの安定した収入がある、ということが大切です。

 

正社員の形態で勤務していれば、それだけで安定しているという評価を受けることはできますが、安定という条件を満たしていればパートやアルバイトでも利用することはできます。

 

契約を事前に済ませておけば、必要になった時にお金をすぐ借入することができますので、いざという時のために準備しておいて損はありません。

 

ちなみに専業主婦や無力の方の場合、他人の名義で審査通過することはできませんので注意してください。

 

嘘偽りなく、正確・正直に申告すること

「年収を少し多く書いておけば審査を通るかもしれない」と考えることもあるかもしれません。

 

しかし年収に限らず、申告する情報はその証拠になる書類を提出することに加えて、きっちりと信用情報機関に情報の照会などが行われます。

 

虚偽の報告はすぐに判明してしまいます

 

そうなると審査に通過することはできませんので、全て正直に申告するようにしましょう。

 

また意図的に嘘をつくという場合とは別に、記入ミスなどがある場合も低く評価され、審査に落ちてしまう原因となってしまいます。

 

そのため、基本的に申込書に記載する事項については、正確・正直であることを念頭に置いて、慎重に記入してください。

 

 

大切なポイントをしっかり押さえて、審査を通過しましょう

今回解説してきたポイントをしっかりと把握して、対策するべきところはきっちり対策することができれば、無事審査に通過することができるでしょう。

 

審査に通過できればプロミスは大手である分、信頼性や安全性が高く、提携ATMなどで便利に利用できますよ。

いろいろな消費者金融からお金を借りているという方もいらっしゃることでしょう。しかし、そうなってくると、返済日が月に何日にも分けられている返済をうっかり忘れてしまう全部でいくら借入しているかを把握できないというようなリスクが付きまとうことにな...
保証人や連帯保証人になるというのはどういうことなのでしょうか?アパートを借りる場合やお金を借りる場合などには、「保証人」「連帯保証人」などの言葉を耳にすることが多くなります。最近では通常の保証人ではなく、連帯保証人を用意することが必要になる...
この日本の現代社会で、カードローンを利用している人口はどれくらいだと思いますか。答えは、1200万人。これはだいたい、身近にいる人の10人につき1人の割合だと考えることができるそうです。その中でも、プロミスの会員数はかなり多いのですが、申込...
プロミスでは、パソコンやスマートフォンなどを使って、インターネット上で会員制の専用ページが利用できるようになっています。利用にはカード番号や暗証番号が必要で、それらの個人情報を使ってログインすることで、様々なサービスを受けることができます。...
金融機関から融資を受けるためには、きっちり申込を済ませて、厳正な審査を通過しなければなりません。プロミスを利用する場合ももちろん例外ではありませんし、審査に落ちてしまうということも珍しいことではありません。そして、もし審査に落ちてしまったと...
ローンの借入などの返済方法にはいろいろなものがありますが、プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」で返済することになっています。大きく分けて返済方法には「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」というものの2つがありますが、プロミスでの...
「今月、ちょっと赤字かも…」「どこかから借入できればいいけど…」と、家計をやりくりしている主婦の方などが考えることは珍しくありません。そして、このような願望があるとき、プロミスはとても魅力的です。しかし、プロミスには総量規制という法律上の制...
派遣社員、契約社員、パートタイマー、etc…。近年では様々な雇用の形が定着しつつありますし、派遣社員という立場の方も特に珍しくありません。派遣社員というと、どうしても正社員に比べると安定性に欠けてしまうというのが一般的な見方です。そうなって...
申込時間に気を付けさえすれば、その日にすぐお金が手に入るという「即日融資」はプロミスの人気サービスです。そして、そこに加えて、30日間の利息がゼロであるという「無利息サービス」があるのもプロミスの人気の秘訣でしょう。30日間の利息がゼロなの...