繰り上げ返済によるスピーディーな返済が決め手です

ローンの借入などの返済方法にはいろいろなものがありますが、プロミスでは「残高スライド元利定額返済方式」で返済することになっています。
大きく分けて返済方法には「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」というものの2つがありますが、プロミスでの残高スライド元利定額返済方式とは、上記の2つを組み合わせた方式になります。

 

難しい?残高スライド元利定額返済方式とは

残高スライド元利定額返済方式とは、一体どのようなものなのでしょうか。
具体的には、元本に定率をかけて段階的に返済額が推移するという仕組みなのですが、複雑な計算が必要とされますので、この記事をお読みいただいている時点では、まず残高スライド元利定額返済方式のメリット・デメリットをしっかり把握するようにしましょう。

 

繰り上げ返済を利用しての早期返済が大切

まず、返済が長引きがちであるというのが残高スライド元利定額返済方式のデメリットです。これは、返済額がまず優先的に利息の支払いに充当されるため、たくさん返済したつもりになっても元本が意外と減っていないということになります。
そこで、元本を素早く減らしていくために繰り上げ返済を行うことがポイントです。繰り上げ返済で支払った分は、その額が全て元本に充当されます。そのため、今後の利息計算にも影響がありますし、支払総額をダイレクトに減らすことができるということなのです。

 

プロミスの利用は計画的に

プロミスに限ったわけではありませんが、借入や返済は計画的に行わなければいけません。特に残高スライド元利定額返済方式の場合は、繰り上げ返済で早期に完済できそうな余地があるほうがお得に利用することができますし、無断で延滞することなどはもってのほかです。無計画に利用して、何も連絡せず延滞してしまったということになると、信用情報にも傷がつきますし、慎重に利用するべきです。カードローンは手軽に利用できるというのが大きな利点ではありますが、れっきとした借金であることを自覚し、返済計画をしっかり立ててから利用しましょう。